読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書く練習、描く練習、もがく練習

twitterばかりで長い文章や残っていく文章を書けなくなったのでその練習です。日々のこと、見た作品のこと、創作についてブログしていきます。

殺し直し -艦これ映画感想-

昨日艦これの映画を見てきました。艦これはもうあまりログインせず好きな艦娘の絵を書くだけ、みたいになってます。アニメの頃はがっつりはまっていてイべントの時にボスBGMがアニメの曲だったりしたのはすごく好きでした。

アニメの方は色んな所で取り沙汰されて「脚本がゴミだ」「艦娘のキャラ崩壊だ」「バトルがCGで動きがしょぼい」「提督はいないし何がしたいのか不明」を中心にぶっ叩かれまくってるのはご存知のとおりかと。可哀想に扱われた艦娘(如月、足柄あたり。彼女たちにあんまり思い入れがないからダメージが少なかったのかもしれません)もいました。

自分も「バトルがCGでしょぼい」「キャラクターと脚本に一貫性がない」のは不満でしたけどその上で楽しめました。OPやEDは今でも好きですし純粋に艦娘同士が会話して同じ空間にいる(ゲームでは皆一方的なボイスが大半だったからゲームでできないことをしたという感触があった)のは楽しかったし、後半は脚本のブレもそういうものだと認識して「どれだけブレるか、どれだけ予想から外してくるか」って見てゲラゲラ笑ってました(純粋な楽しみ方ではないけど)。

まあそんなこんなでアニメ自体が好きだったので映画も楽しみでした。それは純粋にアニメの続きを見たいからとどれだけぶっ飛んだ(多くの人がいうクソ)脚本になるかという気持ちからで、どんな映画が来ても楽しめたと思うのでそういう意味では最初から勝ってたなあと思います。

ただ、アニメでぶっ叩いてた人が多くいたように映画をもぶっ叩く人が出てその人達を見たせいで映画に行きたくなくなるというのが一番イヤだったので感想が世に出回る前、公開初日に見に行きました。(自分のこのブログもそういう役目を担ってるかもしれないので最初に言っておきます。艦これ映画見ようかな、と言う人はできるだけ感想に惑わされず自分の気持ちを優先して下さい……!)

 

以下ネタバレあり

 

 

 

 

 

 

ブログの頭でアニメに触れたのは「映画も楽しかったけど俺はアニメも楽しかったから、自分の感覚と違う人は全く楽しめないかもしれない」と思ったからです。

最初に言ってしまいますけど皆さん艦これのアニメにカタルシスとか感動を求めてるんですかね。求めている人は絶対あの結末には納得しきれないと思うしtwitterでもそういう意見は耳にします。自分は感動とかは求めていなくて、艦これ映画に求めていたのは「アニメ脚本の挽回」と「アクション」です。

アクションは戦闘の見せ場を作画でやっていたり、艦載機のCG戦闘でもカメラワークや爆発エフェクトを活用して盛り上がるものになっていました。アニメではそこまで出てこなかった妖精もせっせこ働いて戦闘を支援してて「あー妖精ってこんな感じなのねー」って納得いきました。それと妖精が乗った艦載機はどんどん撃墜されてて「あーこんな感じで死ぬのねー」とも思いました。艦娘が沈まなきゃ妖精はいいんかい!ってのは笑いました。

天龍が牙突めいて剣を活用して相手の球を避けつつ狙いを定めて敵を撃つのも、敵が近づいて来た時に艦娘が格闘技っぽい構えを取るのも深海棲艦が吹雪の顔を掴んで砲撃を絶対当たるようにするのも、大和が文字通り体を張ってスライディングホテルブロックで魚雷を受けて吹雪を庇うのも面白かったです。夜戦あんなにわくわくするんだ。

 

問題の「アニメ脚本の挽回」は映画を見ていて一番興味深かったんですが、アニメ3話で史実どおりだから、って言って何の前フリもなくいきなり如月を沈めたアニメ脚本ですが、その過ちを拭い去るため映画では「如月を殺し直し」ます。

想いの強い艦娘は深海棲艦化し、深海棲艦を倒すことで艦娘に戻すことができる、との艦これ世界設定(すっげえネタバレ)で、その理論に則り如月は睦月以外の記憶を失い睦月の元へ帰ってきます。でも如月は深海棲艦化していて元に戻すには深海棲艦化した如月をしっかり沈めるしかない。結局浄化の光で如月は消えるんですけど如月の想いの強さの源は、アニメで「如月ちゃんが帰ってきたら言いたいことがある」と睦月に言われたものの沈んでしまって「睦月としっかりお別れができなかった」ことでした。それが成就されたんで「如月の死」としては納得いくものだったんじゃないかな、と。この納得いく終わりにするには史実どおりに如月を殺して「運命には抗えない」ってことを提示した後で「吹雪の運命を変える力(アニメでしっかり触れて、映画ではちょっぴり触れた)」で如月がしっかり未練なく死ぬのが正しい手順だと思うのでこの殺し直しは如月の突然死でショックを受けた提督には嬉しいんじゃないかなあ、と想います(自分は如月提督じゃないし如月提督に話を聞いたわけでもないんで想像するだけですけど)。

更にその後「深海棲艦化した艦娘は倒すことで艦娘に戻る」という設定のもと帰ってきます。そこまで如月は手厚く扱われてます、よかったね。

まあ「想いの強い艦娘は深海棲艦化し、深海棲艦を倒すことで艦娘に戻すことができる」設定は都合良すぎるだろ!!!!って感じなんですがなんてったってこの世界は「艦隊これくしょん」です。「艦隊をこれくしょん」するのが原則の世界ならこれほど合理的なシステムもないような気がします。

ただ、映画のピークを飾る、吹雪が深海棲艦という沈んだ艦娘の無念や生への妬みと折り合いをつけるシーンがとってもアニメエヴァっぽいくせに映画の中であんまり吹雪は葛藤とか悩んだり考えたりしてないんでそこに感動したり心揺さぶられたりはしないんですが。

まとめると「めちゃくちゃ感動できるわけじゃあないけどアニメの欠点はちゃんと挽回してるし納得いくものだったよ」ってのが自分の感想です。見返してみて変だったら編集とかしますけどとりあえずはこんな感じです。

 

以下は上で言いたかったことから外れる箇条書き感想です

・吹雪のブラ紐見えるのめっちゃよくなかった?

・提督としては吹雪を育てて運命を変えようと思ったのなら3話で如月が沈んで「運命はまだ変えられてない」と思い、4話で吹雪のLv上げをしたのかなあ(4話の編成は完全に吹雪育成編成なので)と思うと3話から4話の繋がりは多少はあるのかなあと

・でも提督でなくてよかったね

・「沈んでも一周すれば戻ってこれんじゃんw」って瑞鶴が言ったのはアレ僕も思ったけどそれ言っちゃうかーって感じ